かぴログ

好きなこと、日常のこと、考えたこと、ゆるゆると。

過剰な「かもしれない運転」は良くない…のかもしれない

頭痛が痛い みたいなタイトル。

 

私は、適当なところがあるわりに

「かもしれない運転」をものすごく意識します。

 

運転のときはもちろんのこと

日常生活でも、「かもしれない」と思って

恐れたり、行動しないことが多々。

(そのせいで高所とエレベーターと飛行機恐怖症です。

落ちるかもしれないものが怖い。)

 

 

最近特に多いのは

「具合悪くなるかもしれない」。

 

去年の春、人生最大に身体を壊してから

ありとあらゆることが怖くなりました。

 

食べることが怖い。

電車で立つことが怖い。

遠出が怖い。

自分の家以外での宿泊が怖い。

などなど。

おかげで、外に出ることが大分少なくなってしまいました。

 

ですが、これは当然

自分の楽しみも、なんなら健康も

阻害しているんですよね。

「かもしれない」で防衛しているつもりが、

自分を害している。

 

まだまだ難しいところもありますが

もう少し、おおらかにどーんと構えて

生きていきたいものです。

 

とり急ぎは、

「具合悪くなるかもしれない」

「またすぐ転勤になるかもしれない」

「自分の体調に変化があるかもしれない」

と思って避けていたやりたいことを、

やってみようと思うのです。

行動だけが人生を変える、の言葉のとおり。